倒産経験のある経営者に聞く「やっておけばよかったこと」

カテゴリー/ お知らせ |投稿者/ コラボパートナー
2022年07月12日

当社は常に固定客管理を企業のKPIにする事をお勧めしております。

しっかりと固定客化の管理を行っていくと2~3ヶ月後の売上予測が見えるようになってまいります。

VUCA(ブーカ)の時代には将来の予測が以前と比べ難しい時代となってまいりますが、

現在のサービスに対して顧客が増えていくレベルになっているか、顧客離れの要因を放置してしまっていないか

を時系列で定量的にマネジメントしていく必要があると思います。

 

YKプランニングは、直近10年以内に倒産経験がある経営者(元経営者)を対象に、「企業の倒産理由や原因」に関する調査を実施。その結果を発表しました。

倒産の原因は「販売・客足の低下」(49.8%)がもっとも多く、「原材料の高騰や供給不足」(19.7%)、「売掛金の回収不能」18.2%、「人手不足」(17.7%)、「怠慢経営のしわよせ」(14.3%)、「関連企業の倒産」(8.5%)、「不測の事態(病気や事故、天災など)」(8.4%)、「在庫管理の失敗」(7.7%)、「エース・キーマンの退職」(7.1%)、「設備投資過大」(7.1%)、「後継者問題」(6.6%)

予兆を感じた理由は「預金通帳残高の大幅減少」(29.7%)がもっとも多く、「大口得意先の倒産」(15.0%)、「競合他社へ徐々に顧客を奪われる」(8.1%)、「顧問税理士からの示唆」(7.6%)、「エース・キーマンの退職」(7.0%)、「原材料の高騰や供給不足」(7.0%)、「銀行からの借入審査が通らない」(4.9%)、「大口仕入先の倒産」(4.7%)

 

 
Top