Uber業態の出店後に理想の売上に
達していない飲食店が約6割。

カテゴリー/ お知らせ,伝言板 |投稿者/ コラボパートナー
2022年07月13日

【デリバリーの課題】

  • Uber Eatsを利用している飲食店の約63%が売上30万以下の現状。
  • コロナ禍による売上減少をデリバリーで補おうとするも、収益が上がるまでの手順が曖昧。
  • 運用課題が多く実績が出るまでの期間が非常に長い。

当社ご支援の業態では約3ヶ月程の短期間で、Uber厳選店舗認定になる業態開発が多数出ております。

(既存商品を利用しUberEatsに新業態をOPEN。約3ヶ月で月商100万以上の上乗せ。)

(OPENから短期間で東京都内全体で上位5%の売上獲得が狙えます。)

Uber Eatsで売上を伸ばすには実績のある施策の導入が近道です。

施策内容と運用方法を自社で吸収し、独自で収益がとれる状態までご支援してまいります。

Uber EatsはOPEN時の施策にポイントがあります。

 

 

 
Top